G6PD異常症スクリーニング検査

G6PD異常症スクリーニング検査とは赤血球膜G6PD活性の測定をするものです。
G6PD
異常症というのは、伴性劣性遺伝を示す家族性溶血性貧血で、アフリカ黒人を中心に世界で数億人いると推測されています。
日本では約30年前に厚労省が行なった調査で約200例のG6PD異常症の報告があり、その後の調査では0.10.5%との報告がなされています。G6PD異常症は、25g以上の高濃度ビタミンC点滴で溶血性貧血発作の危険があるので、今までビタミンC点滴療法をお受けになられたことがない方は事前に検査が必要になります。