◎血中ビタミンC検査

 

血液中のビタミンC濃度はストレスなどにより消費されたり、喫煙により濃度が低下することが知られています。ビタミンCはコラーゲン生成や免疫力を高める働きがある重要な成分になりますので、不足状態が続くと風邪を引きやすくなったり、肌荒れしやすくなったりとお体やお肌に様々な不調となって現れます。人間はビタミンCを体内で生成する事はできませんので、ご自身の体内にどの位のビタミンCが存在しているか濃度を測定する事は、ビタミンC欠乏状態の把握やビタミンC点滴をする時の指標にも役立ちます。