眉骨アパタイト形成術、眉間アパタイト形成術、額アパタイト形成術

本日御紹介の患者さんは眉骨部分、眉間部分、額部分を出したいとの御希望にて最小切開法による眉骨アパタイト形成術、眉間アパタイト形成術、額アパタイト形成術をお受けになられた患者さんです。


上段:術前です。
下段:術後約4カ月再診時です。



「おでこの部分が物足りないので半年後ぐらいにおでこのアパタイトを追加するかもしれません」との御感想でした。

またの御再診をお待ちしております。

2010-10-11