脇の下多汗症改善術(ラジオ波凝固法)

本日ご紹介の患者さんは脇の下の多汗症が気になるとのことで脇の下多汗症改善術(ラジオ波凝固法)をお受けになられた患者さんです。

術後約1か月半再診時です。
右脇                             左脇

キズは針穴程度なのでほとんどわかりません。ラジオ波凝固法は針先から出るラジオ波により皮下のアポクリン汗腺やエクリン汗腺を破壊する方法です。 

だいぶ汗のことは気にならなくなったとのことでやや満足(4/5)と順調な経過です。


先日お心遣いをいただきました。

ありがとうございます。 どうか御気を遣わないでください。
2009-05-30