理念とこころざし

理念
しらゆりビューティークリニックは「ほんとうの正しい美容医療」を 社会に提供していくことで「健康的に、美しく、明るく楽しく幸せに」人々が よりよい生活を享受できるよう社会貢献を行います。
 
こころざし
・その時代になしうる最高の医療を提供できるように日々研鑽に努めます。
・医療人として人々を健やかに美しくする一助となり、活気あり健やかで美しくそして誇りある日本の国造りを目指します。
 
患者さんの権利と義務
本院では信頼関係に基づく医療を提供するために、患者さんの権利を尊重しあわせて責務をお願いしております。 この権利と責務は患者の権利の主張と医療従事者の責任回避という対立的なものではなくより良い医療環境を築くという基本的な考え方に基づいています。すなわち自己の権利のみを主張する患者や、形式的に患者の同意を得ようとする医療従事者を想定したものではなく、懇切丁寧な説明を受けたいと望む患者と十分な説明を行うことが医療提供の重要な要素であるとの認識をもつ医療従事者が協力しあう医療環境を築くことを目標としています。
 
権利
しらゆりビューティークリニックは受診される皆様が、以下の権利を有することを確認し尊重します。(1981年第34回VMA総会で採択:患者の権利に関するリスボン宣言に基づく)

1.人格と価値観が尊重されて医療を受ける権利
2.良質な医療を受ける権利。
3.十分な説明を受け、施術方法等をご自身の意志で決定する権利。
4.ご自身の医療に関する情報を得る権利。
5.プライバシーが守られる権利。
6.教育・研究に協力することを拒否する権利。

しらゆりビューティークリニックは、受診者及び、クリニックの双方がお互いを尊重しあうことが最高で最善の医療サービスにつながるものと考えます。
御来院の皆様は以下の事項についてご協力ください。
病状の変化や、治療中に生じた問題についてもお知らせください。
 
責務
1.ご自身に対する情報をできるだけ正確に提供してください。
2.ご自身がお受けになる施術について、十分に理解できるように質問してください。
3.他の患者さんの施術やクリニックの業務に支障のないように配慮してください。
 
※以下に該当する場合はよりよい診療ができず当院での診療、施術の継続はお互いのためにならないと判断し診療、施術をお断りする場合があります。

1.お互いに信頼関係(ラポール:rapport)が築けないと判断する場合
2.医学的に無理もしくは困難・危険な施術の依頼
3.ご依頼された施術が患者さん自身に不利益を及ぼすと医師が判断した場合
4.遅刻、キャンセル等が頻発していると判断する場合
5.他の患者さんに迷惑を及ぼす行為をされた場合

手術というものは結果重大であり、また美容医療は緊急性を要する医療行為ではないため上記に該当すると判断した場合は手術前日・当日でもご依頼をお断りする場合がありますのでご理解の上ご予約ください。
 
★自己決定権に関して

すべての健全な精神をもつ成人は自己の身体をどう処するかを決定する権利があります。

意志決定に際して医療者は十分な知識を与え、患者側は自らが受ける施術の内容について知る権利があります。 よって当院にかかろうとお考えの患者さんは自分がお受けになろうとする施術に関してより深い理解を得るために当院 一美容外科医師の日々の診療を綴ったブログ「美容外科医のモノローグ」※をご活用ください。

※ これは当院における美容医療に関する記述であり他院における美容医療の内容等を説明、保証するものではありません。