脂肪移植豊胸

本日6月5日は
1934年 にあの日本海海戦でバルチック艦隊を破った東郷平八郎に対する国葬が執り行われた日になります。
そして
1942年 大東亜戦争時におけるミッドウェー海戦にて日本海軍の主力空母4隻が撃沈され日本海軍機動艦隊が壊滅状態にされた屈辱の日になります。
また
1943年4月18日、前線視察のため訪れていたブーゲンビル島上空でアメリカ陸軍航空隊P-38戦闘機に撃墜され戦死した山本五十六の国葬が執り行われた日にもなります。

有名な山本五十六の「男の修行」
「苦しいこともあるだろう 言い度いこともあるだろう 不満なこともあるだろう 腹の立つこともあるだろう 泣き度いこともあるだろう これらをじっとこらえてゆくのが 男の修行である」

さて本日ご紹介の患者さんは二の腕の脂肪吸引を行いその脂肪を乳房に移植された方です。
上段:術前です。
中段:術後2ヶ月再診時です。
下段:第二回脂肪移植豊胸術後約一週間再診時です。
(写真は患者さんの快諾を得て供覧しています)


二回目は太ももより脂肪を採取し移植しました。
たくさん定着しますように!

お心遣いを頂きました。


ありがとうございます。 充分身も心もお美しいと思いますからこれ以上の手術はいらないと思います。 

メイヨー兄弟の格言
Charles・H・Mayo
56.医療は他に自分を捧げようとする者のみによって提供されるべきであって、身を捧げて働く者への見返りはお金にまさるものです。

William・J・Mayo
56.人生の秋をむかえる人には、昔のことをよく深く偲ぶ特権が与えられているのかもしれません。

 

2007-06-05